錦織一清 灰皿飛んだ!?熱血舞台演出

[ 2012年9月13日 06:00 ]

 少年隊の錦織一清(47)が演出を手掛ける舞台「恋人たちの神話」が12日、東京・日本橋の三越劇場で初日を迎えた。

 故テレサ・テンさんの生誕60周年記念公演。錦織は、作・監修を務めた作詞家の荒木とよひさ氏(68)と会見し、「分かりやすい笑いもある作品。荒木先生の作品を汚さないように頑張りました」と笑顔。報道陣から「熱血演出で稽古場で灰皿が飛んだ?」と聞かれると、「灰皿代が高くかかっちゃった」と笑わせた。荒木氏は「来年もニッキと真剣勝負できる舞台をつくりたいなあ」と話した。17日まで同所で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年9月13日のニュース