カンニング竹山 代役としてPR「ワイルドさがあるしスギらしい」

[ 2012年9月13日 07:11 ]

商品を試食する(左から)山田ルイ53世、カンニング竹山、ひぐち君

 お笑いタレントのカンニング竹山(41)、お笑いコンビ「髭男爵」が12日、都内で行われたバイキングレストラン・すたみな太郎の「スギちゃん認定!ワイルドメニュー」記者発表会に出席し、ケガで休養中のスギちゃん(39)の“代役”を務めた。

 スギちゃんは今月1日に、バラエティー番組の収録中に全治3カ月の重傷を負い、入院中。そんなスギちゃんが公認するワイルド骨付きリブ、イカのワイルド焼きといった5種類のワイルドメニューが食べられる「ワイルドフェア」(14日から)の開催の記念してのイベントだったが、入院中で出席できないため、3人が代役として登場したもの。

 イベントでメニューを試食した竹山は「おいしい。食べ放題で味もレベル高いし、お得。メニューにもワイルドさがあるし、スギらしい。見た目も楽しいし、子どもたちもワイルドになって気分で、喜ぶんじゃないかと思う。スギも本当においしいよって言ってたので、皆さんにもっともっと広げていただきたい」と代役としてしっかりとPRした。

 7月に第一子となる女児が誕生し、2カ月の新米パパの山田ルイ53世(37)は「娘が生まれて、貴族といえども、家計は庶民。お安くてうれしい。娘がもうちょっと大きくなったら、嫁と3人でぜひ行きたい」と満面の笑みを見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年9月13日のニュース