NMB小谷里歩 AKB兼任ポスト指原への期待 マリコ様にイジられたい?

[ 2012年9月11日 08:32 ]

AKBチームAでも頑張りたいと意欲を語る小谷里歩

 NMB48の小谷里歩(18)が、AKB48チームAを兼任することへの思いを語った。

 チームBとの兼任の渡辺美優紀(18)に続く抜てきだが「パフォーマンスはまだまだですが、自分らしくやっていけたら」と自然体を強調する。

 兼任は東京ドーム公演で突然発表された。「自分には関係ないと思っていたので発表自体、聞いてなかったんです。そしたら名前を呼ばれて、もう何が何だか…。とにかくビックリでした」と振り返る。

 NMBでは全シングルで選抜入りし、新曲「ヴァージニティー」のカップリング曲ではセンターを務める注目株。18日に東京・日本武道館で行われる「第3回じゃんけん大会」にも出場することが決まっており「ファンの方や家族からもらったお守りを20個くらい持ち歩き、事あるごとに“よろしくお願いします”と手を合わせてます」と意欲を見せる。

 テレビ番組のお化け屋敷ロケで、腰を抜かして泣き崩れたこともあるヘタレキャラ。取材現場でも「お忙しいところ申し訳ありません」「本当に私なんかのために…」と記者にへりくだる。

 同じヘタレキャラの指原莉乃(19)がHKT48へ移籍しただけに「ポスト指原」への期待もかかるが「指原さんは、しっかり者のイメージ。私と似てるなんて恐れ多いです」。

 チームAでの始動時期は未定だが、今後は公演を中心に活動していく予定。「実力はまだまだ。不安ですが、NMBから来てくれてよかったと思ってもらえるよう頑張りたい」と抱負を語る。

 チームAの新キャプテン・篠田麻里子(26)は歯に衣(きぬ)着せぬ言動で指原をイジるなどしてきたが「私も“プロデュース”してもらいたいですね」と売り込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年9月11日のニュース