哀川翔が、窪塚洋介が…共演陣が沢尻エリカをフォロー

[ 2012年7月15日 08:48 ]

ヘルター初日スケルター舞台あいさつで笑顔を見せる沢尻エリカ
Photo By スポニチ

 体調不良を理由に休養していた沢尻エリカ(26)が14日、都内で主演映画「ヘルタースケルター」(監督蜷川実花)の初日舞台あいさつに出席。2月の製作発表以来の公の場で「超緊張してる」と、あいさつの言葉もすぐには出てこなかったが、そんな沢尻を援護したのは共演者たちだった。

 集まった150人以上の報道陣のフラッシュに、ベテランの哀川翔(51)は「こんなにカメラの音がする舞台あいさつは初めて」と言い、緊迫した空気を和らげた。自らも離婚を発表したばかりの窪塚洋介(33)は「ポケットモンスターで光の点滅を見て倒れた子供がいましたが、それを思い出した」と、ユニークな表現で沢尻のプレッシャーを解いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年7月15日のニュース