仲本工事 27歳妻と会見 実はモテモテ 新妻は「ジェラシーを感じた」

[ 2012年7月14日 17:39 ]

結婚指輪を見せ幸せいっぱいの仲本工事(左)と妻の三代純歌

 「ザ・ドリフターズ」のメンバー、仲本工事(71)が14日、都内で新妻の歌手・三代純歌(44)と結婚記者会見を開いた。

 報道陣に「女房の純歌です」と初めて紹介した仲本は、27歳差の花嫁を前に「大満足。それ以外に言いようがない」と満面の笑みを浮かべた。

 2人はデュエットでの共演がきっかけで交際に発展。約10年の付き合いを経てのゴールインとなったが、三代は「子どもの頃にドリフを見ていた。テレビと同じようにマジメな方」と仲本についての印象を語り、「出会った時もモテてました。なんかちょっとジェラシーを感じたところもありました」とやきもちを焼いたこともあったことを告白した。

 「直接のプロポーズの言葉はまだ聞いていない」と明かすと、仲本は「すいません」と照れ笑いを浮かべ謝った。

 子どもについては、「無理だと思う」と半ば諦めの仲本。対して三代は、「若い人と違って、回数は減ってくる」と夫婦生活について話すと、「そんな話まで」と仲本が止めに入り、周囲を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年7月14日のニュース