猫ひろし 自虐ネタで自己紹介「元オリンピック代表選手です」

[ 2012年6月29日 17:50 ]

 マラソンのロンドン五輪出場を逃したお笑いタレントの猫ひろし(34)が29日、東京都内で行われた映画「プレイ―獲物―」(30日公開)のPRイベントに出席。劇中で走り続ける主人公にちなみ、ランニングマシンで走りながらアピールした。

 主人公で服役中の銀行強盗犯フランクは、連続殺人犯から家族を守るため脱獄。殺人犯を捜しつつ、刑事から追われる三つどもえの追跡劇が繰り広げられる。

 「にゃー、元オリンピック代表選手です」と自虐ネタで登場した猫。五輪出場への再挑戦を質問されると「4年後は39歳。体力が持てば頑張りたい」と真面目な答え。ただ、タレントらしく「1年間にタイムが20分ずつ速くなってます。4年後には世界記録が出ている計算です」としっかり笑いも取った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2012年6月29日のニュース