オウム元信者菊地容疑者 VX襲撃事件で再逮捕へ

[ 2012年6月19日 23:48 ]

 警視庁は19日、地下鉄サリン事件の殺人容疑などで逮捕したオウム真理教元信者菊地直子容疑者(40)を、1994年12月から95年1月にかけて起きたVX襲撃事件3件の殺人と殺人未遂の疑いで、勾留期限の24日に再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、菊地容疑者は94年12月12日、大阪市淀川区の路上で、スパイと疑われた会社員浜口忠仁さん=当時(28)=に猛毒のVXを注射器でかけて殺害したほか、オウム真理教被害者の会(現家族の会)の永岡弘行会長(74)ら2人を同様の方法で殺害しようとした疑いが持たれている。

 菊地容疑者は95年5月の都庁小包爆発事件でも殺人未遂などの容疑で逮捕状が出ている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2012年6月19日のニュース