「ハードに働き過ぎた」岡本夏生 折れた前歯は接着剤で固定

[ 2012年6月19日 13:56 ]

「BIG」新CM発表会に登場した岡本夏生。特注の衣装と同じ生地で下着も作ったと、スカートに手を掛ける

 タレントの岡本夏生(46)が19日、都内で行われた最高6億円くじ「BIG」の新CM発表会に登場した。

 派手なボディコン姿で登場した岡本は「衣装はオートクチュールの一点物」と自慢げ。ここ数年の再ブレークで収入が増えたと言い、「レディー・ガガのように(衣装を)特注できるところまで来た」とアピールした。金額は「数万円」というが、既成品を携帯電話を通して購入していた過去を明かすと、大きな笑いが起こった。

 俳優でタレントの高田純次(65)“似”の覆面男性「BIGマン」がイメージキャラクターの同CM。今回新たに覆面女性「BIGウーマン」が加わった。派手なボディコン姿に大きな扇子を持つ姿から、正体は岡本ではないかと疑いがかかると「あの女、私を見て逃げていった」と関連をキッパリ否定した。

 もし6億円当たったら何に使うか?と聞かれると「仕事を辞めて胆石の手術がしたい」と本音をポロリ。しみじみと「ハードに働き過ぎてここ数年でフケてしまった」と告白した。さらに、果物の種をかじって前歯も折れたと明かし、接着剤で付けている満身創痍(そうい)な状態。まだ「稼ぎどき」なため、治療に時間が当てられないという。岡本は「歯抜けになるまで頑張る」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2012年6月19日のニュース