通天閣スルスル…スパイダーマン、映画公開前に“デモ”

[ 2012年6月19日 06:00 ]

映画の全国公開を前に通天閣を登る「スパイダーマン」

 米国映画の人気ヒーローが、浪速のシンボルで本領発揮。映画「スパイダーマン」の新シリーズが30日から全国公開されるのを前に、おなじみの赤と青のコスチュームに身を包んだロッククライマーが18日、大阪市浪速区の通天閣(高さ約100メートル)をよじ登った。

 3階から展望台下まで約50メートルを、はしごを伝って軽快に上昇。片手を突き出すパフォーマンスも披露し、見上げるカップルらが写真に収めた。展望台では、5月に金髪の3代目に世代交代した幸運の神「ビリケン像」に、紙製の「クモの糸」を投げ“あいさつ”した。

 新作「アメイジング・スパイダーマン」は、高校生がスパイダーマンになり、悪と対決する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2012年6月19日のニュース