水野美紀 大先輩にあいさつなし…小日向文世「やっぱりか」

[ 2012年6月15日 19:29 ]

NHK BSプレミアム「プレミアムドラマ~高橋留美子劇場」試写会に登場した水野美紀

 女優の水野美紀(37)が15日、東京・渋谷の同局で行われた、人気漫画家・高橋留美子氏の短編集をドラマ化したNHK BSプレミアム「プレミアムドラマ~高橋留美子劇場」の試写会に、共演の小日向文世(58)、村上淳(38)とともに出席した。

 第2話の「運命の鳥」に出演する水野は「(高橋作品の)ポップな世界観がすごく好きですね。そんな高橋留美子さんのテイストがそのまま入った脚本だなと思って、面白かった。本を読んだ時点で、素敵な作品になるなと思いましたし、この作品に参加させてもらえることは幸せでした。現場もとっても楽しかった」と充実した表情で話した。

 今回は水野と共演シーンがない小日向は「さっき水野さんが楽屋であいさつしてくれなくて。どっかのマネジャーと間違えられたみたい。最近はしょぼい感じの役が多いなと思ってたんですけど、やっぱりかって感じでした」と楽屋での一幕を暴露。

 「すいませんでした」と苦笑いで陳謝した水野だったが、「大好きな先輩で、舞台や映像の中では、あれだけオーラを放つ先輩なんですけど、普段はそれを完全に消し去る技術もマスターされていて、これが本当の俳優というものだなって思いました。今日は改めて感じました。さすがです」とすかさずヨイショし、笑いを誘った。

 第1章は7月8日、第2章は7月15日(ともに後10・00)にオンエア。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年6月15日のニュース