CD売り上げに生中継広告…AKB総選挙 経済効果は200億円

[ 2012年6月7日 09:25 ]

第4回AKB選抜総選挙

 選挙の経済波及効果について経済評論家の森永卓郎氏(54)は「200億円」と試算した。

 投票券が封入されたシングルCD「真夏のSounds good!」(劇場盤1000円、通常盤1600円)のセールスは発売13日目の今月4日時点で174万5399枚(オリコン調べ)。発売元キングレコードによると出荷数は210万枚を超え、03年にSMAPが「世界に一つだけの花」で記録して以来のダブルミリオンセラーが確定的。この売り上げだけでも30億円以上。

 フジテレビがゴールデン帯で生中継し「数億円の広告費が動いたと考えられる」。ガイドブックなど関連商品の売り上げや、ネットの生中継による広告収入なども含め「直接的な部分だけで100億円近い」とみており、最終的に「経済波及効果は通常、直接的な経済効果の2倍になります」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年6月7日のニュース