「Hey!Say!」知念侑李 連ドラ単独初主演!

[ 2012年6月2日 06:00 ]

 「Hey!Say!JUMP」の知念侑李(18)が7月7日スタートの日本テレビ「スプラウト」(土曜深夜、時間未定)で、連続ドラマ単独初主演する。

 原作は「別冊フレンド」で連載された、南波あつこ氏の人気漫画。森川葵(16)演じる女子高生の自宅が営む“下宿屋”に、知念らが住む場面から始まるラブストーリーだ。「A.B.C―Z」橋本良亮(18)、河北麻友子(20)、小島藤子(18)らも加わって恋の三角形、四角形が展開される。

 フレッシュな顔ぶれに、植野浩之プロデューサーは「スプラウトは新芽の意味。新たな才能を発掘したい」と気合十分。知念には「少女漫画に欠かせないのは、主人公の爽やかさとオーラ。彼はその2点が備わっている」と大きな期待を寄せている。ルイス・ジェシー(15)や田中樹(16)らジャニーズJr.のメンバーも多数出演。知念とともに初々しいキスシーンを披露する予定で、ファンの注目を集めそうだ。

 知念は08年、同局の「スクラップ・ティーチャー~教師再生~」で山田涼介(19)ら「Hey!Say!JUMP」のメンバーと一緒に主演しているが、単独主演は初めて。「いつも以上に緊張していますが、楽しく演じたいです。たくさんの人にドキドキしてもらえるように頑張ります」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年6月2日のニュース