東国原氏も驚いたモト冬樹の変身「髪が時代に逆行している」

[ 2012年5月30日 13:50 ]

プロピア「ヘアコンタクト」新広告キャラクター就任記者発表会で、東国原英夫氏(右)にたすきを掛けらえれるモト冬樹

 タレントのモト冬樹(61)がプロピアの「ヘアコンタクト」新広告キャラクターに就任することになり、30日、都内で行われた就任記者発表会に広告で共演する由美夫人(51)とともに登場した。

 二代目応援団長に就任したモトはへアコンタクトを装着し、イメージチェンジして登場。「自信を持って出てきました。ものすごく大変なことを引き受けたなと思ったが、自分も本当にいいと思っているから、引き受けられましたね。応援団長になれてうれしい。何の違和感もなくて、重さもない。ずっと付けていると忘れてしまうぐらい」と大満足な様子。

 その姿に、初代応援団長で前宮崎県知事の東国原英夫氏(54)も「わからないですね…。いつもハゲの代名詞はモト冬樹かそのまんま東と言われてきた。やっぱりモトさんが第一人者。私はそれに追随していた。(髪の毛が)時代に逆行しているのでビックリ。そういえば、30年ぐらい前にこれぐらいあったなって、新鮮で驚きました」とその変貌ぶりに感嘆した。

 今月いっぱいで応援団長を卒業する東国原氏自身は「私には子どもが2人いまして、子どもに非常に評判が良かった。おかげさまで明るく半年を暮らさせていただきました。これに懲りずに、いろんなプロピアを試してみようかなと思う。ファッション感覚でヘアを遊ばせていただきたい。薄毛で悩む時代は終わるんじゃないかな」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年5月30日のニュース