ギタリスト ドク・ワトソン氏死去…89歳

[ 2012年5月30日 12:12 ]

 米ミュージシャンのドク・ワトソン氏が29日、米ノースカロライナ州の病院で死去した。89歳。AP通信が伝えた。

 最近、自宅で倒れ入院、腹部の手術を受けていた。

 23年同州生まれ。1歳で視力を失ったが、子どものころから音楽に親しみ、60年代にギタリストとして名声を得た。

 フラットピックを使った速弾きで知られ、多くのギタリストに影響を与えた。米音楽界最高の栄誉であるグラミー賞の受賞歴多数。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年5月30日のニュース