世耕氏“まずは家族による扶養”という常識浸透に期待

[ 2012年5月26日 06:00 ]

「次長課長」河本母 生活保護受給問題

 片山氏とともに問題を調査してきた自民党の生活保護プロジェクトチーム座長の世耕氏は会見後、自身のツイッターで「“生活保護の前にまずは家族による扶養”という常識が浸透することを期待します」とコメントした。

 世耕、片山両氏が、一部ネットメディアの実名報道を契機に、河本を名指しで追及したことに賛否の声もあったが「私は著名人が親の扶養義務を果たさずに生活保護を受給させることで“あの人もやってるから”と安易な受給が進むことを懸念し、問題を指摘してきた」と主張した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2012年5月26日のニュース