島崎俊郎 “戦友”小林さん悼む「こんなに強い部分あったとは 誇りに思う」

[ 2012年5月17日 14:36 ]

日本テレビ系「ミヤネ屋」で、16日に亡くなった小林すすむさんとの思い出について語った島崎俊郎

 俳優・小林すすむさん(享年58歳)の死から一夜明けた17日、お笑いトリオ「ヒップアップ」の仲間である島崎俊郎(57)が17日、日本テレビ系情報番組「ミヤネ屋」(月~金曜後1・55~)に生出演し「こんなに早く逝くなんて」と早すぎる死を悼んだ。

 小林さんは2月に映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の撮影終了後、病院でがんを宣告され入院。「撮影時は体がしんどく、奥さんが車で撮影所に送って行った」と島崎は明かし、そんな小林さんについて「プロの役者として、この仕事だけは最後まで…という気持ちがあったんだろう」と語った。

 病名を宣告されても小林さんは、パニックになることもなく状況を受け入れていたという。最後まで毅然と病気と闘った小林さんの姿に「ヒップアップ時代からの、間違いなく戦友だった。強く生きたな。こんなに強い部分があるとは思わなかった」。続けて「同じメンバーとして誇りに思う」と声を振り絞りながら称えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年5月17日のニュース