フジ伊藤アナ 通行中の女性と接触事故、気付かず走り去る

[ 2012年5月15日 19:07 ]

 フジテレビの伊藤利尋アナウンサー(39)が東京都港区で車を運転中、歩行者の30代の女性に接触する事故を起こしていたことが15日、警視庁高輪署への取材で分かった。女性にけがはなかった。同署が原因を調べている。

 高輪署によると、14日午前9時ごろ、港区白金台の路上で、伊藤アナの車の左ミラーが女性の左肩に触れた。伊藤アナは止まらずに走り去ったが、ナンバーを覚えていた女性が同署に届けた。伊藤アナは接触に気付かなかったと説明している。

 フジテレビ広報部は「現状では接触事故とは断定できないが、警察の捜査に協力していきたい」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2012年5月15日のニュース