塩谷瞬 テリー伊藤に涙の電話 「サンジャポ」出演を約束

[ 2012年5月6日 11:06 ]

TBS「サンデー・ジャポン」で、二股男・塩谷瞬について厳しい言葉を並べたテリー伊藤

 演出家のテリー伊藤(62)が6日、レギュラー出演しているTBSの情報番組「サンデー・ジャポン」で、俳優塩谷瞬(29)の二股交際騒動について再び言及した。

 4月29日の番組内で、モデルの冨永愛(29)、料理研究家の園山真希絵(34)と二股交際していた塩谷に対し、「塩谷!反論があるんだったら、来週(番組に)来い!お前の死に場所はここだ」と挑発したテリー。この日、塩谷は番組に出演することはなかったが、テリーは先週の番組後、塩谷本人から電話があったことを明かした。

 1度目の電話は非通知だったためテリーが応対せず、塩谷は今月1日の涙の謝罪会見後に再び電話。テリーは涙声の塩谷に対して「何、泣いてるんだよ、泣きたいのは女性だろ」「いい子になってる、悪に徹しろよ、お前の為だろ」と諭したことを明かし、「また泣いたんですけどね」と暴露。「2人の女性を愛してる人はいっぱいいる、彼は2人の女性を利用してる」と批判しながらも、「舞台が終わったら(番組に)出ます。約束はしました」と出演交渉も済んだことを明かした。

 テリーはさらに「塩谷!ここ(番組)に来て死んでみろよ!這い上がれ!」とヒートアップ。司会を務める「爆笑問題」太田光(46)も「塩谷!俺にも電話して来い!」と呼びかけていた。

 この日は、2010年2月から1年間休養していたアンタッチャブルの柴田英嗣(36)が番組にゲスト出演。自身の過去の騒動については「話題になってないですよね。1つ(スキャンダルが)ありまして、そのひとつの中で色々ありまして」「和解ってことで、お互いに反省しましょうね」と言葉少なに説明。「何もしゃべれないのに出てきたんですね?」と司会の太田に突っ込まれると「そうですね、すいません」と苦笑い。騒動の“先輩”として、塩谷に対して「よくない、止めなさい」とアドバイスしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年5月6日のニュース