東尾理子 お腹の子の将来は? 父・修氏は早くもグラブ準備

[ 2012年4月27日 13:46 ]

「ホビークッキングフェア2012」に登場、妊婦生活について語った東尾理子

 現在妊娠4カ月のプロゴルファーでタレントの東尾理子(36)が27日、都内で行われた「ホビークッキングフェア2012」に登場。「カラダにやさしいとうもろこしのひげ茶」(サーフビバレッジ)についてのトークショーを行い、妊娠生活について語った。

 3月に自身のブログで妊娠を公表後、初の公の場に登場した東尾は少しほっそりとした印象。つわりがひどいようで体重が3キロほど落ちたと明かした。食事が思うように取れず「夫(石田純一)には、イチゴをおかずにグレープフルーツを主食で食べてると言われました」と笑顔。

 東尾はお腹の子どもに「運動神経が良いといいな」と期待。「もし悪かったらちょっと鈍い母方の隔世遺伝かも」と笑わせた。性別はまだ分からないが、祖父にあたる元・西武ライオンズの投手で野球解説者の東尾修氏(61)は野球のグラブをすでに用意していると言い、周囲の注目も高いようだ。東尾は「何でもやりたいことをやらせてあげられる環境づくりをしてあげたい」と母親としての顔をのぞかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年4月27日のニュース