肝臓がん治療中 笑福亭松喬が退院「しゃべれる喜び感じる」

[ 2012年4月27日 13:06 ]

 肝臓がんの治療で入院していた上方落語家の笑福亭松喬(61)が27日、大阪市内で記者会見を開き、今月上旬に退院し、今後は通院治療を続けると発表した。体調をみながら、落語会にも出演していく方針。

 松喬は「人前でしゃべれる喜びをじわっと感じている」と話した。松喬は昨年12月下旬に入院し、抗がん剤治療などを受けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年4月27日のニュース