坂本龍一 脱原発の音楽フェス開催へ「“非核”という気持ちを示したい」

[ 2012年3月27日 12:20 ]

 ミュージシャンの坂本龍一(60)が27日、都内で会見し、7月7、8日に千葉市美浜区の幕張メッセで脱原発をテーマとした音楽フェスティバル「NO NUKES 2012」を開催することを明らかにした。

 坂本は「原発だけでなく、核兵器を含めて“非核”という気持ちを示したい。社会に対してミュージシャンとしてきちんと意見を述べようと思っていた」と話した。

 27日に発表された出演予定者は、シンガー・ソングライターの斉藤和義やYMO、ロックバンド「ASIAN KUNG―FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)」など計9組。

 出演者は今後、増える見通し。フェスティバルの収益は全て「『さようなら原発』一千万人署名市民の会」に寄付するという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年3月27日のニュース