前田敦子 ブログに気持ちつづる…秋元氏は「すべてお見通しでした」

[ 2012年3月27日 12:24 ]

卒業を発表し号泣する前田敦子。発表後初めてブログを更新し、心境をつづった

 AKB48の前田敦子(20)が27日、卒業発表をしてから初めてブログを更新。ファンやメンバー、総合プロデューサー秋元康氏(55)への感謝の気持ちをつづった。

 25日夜のさいたまスーパーアリーナ最終公演での電撃発表と同じ言葉で、「私前田敦子はAKB48を卒業します」と改めて報告。これまで不動のセンターとしてチームの顔を務めてきた自負があるようで「いろいろなチャンスをいただいた私がまず一歩踏み出さないと皆が後に続けないと思いました」と決断に至った経緯を説明した。

 また、卒業を発表した瞬間の会場の空気について「声援は私の人生で一番温かく感じました」「メンバーも心から涙を流してくれている気がして沢山の愛を感じる事ができてとってもとっても幸せでした」と振り返った。苦楽を共にしてきたメンバーとは今後も変わらない絆を強調し「とにかくAKBって最高なんです」と心境をつづっている。

 また、総合プロデューサーで前田をセンターに抜てきした秋元康氏にも「14歳の頃からすべてお見通しでしたよね。秋元さんがいなかったら今の私はどこにもいませんでした」と6年半での飛躍を支えた恩師に感謝。「これからもよろしくお願いします」とメンバー同様に、秋元氏との絆も今後も変わらないようだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年3月27日のニュース