“猫の恩返し”誓う!「ゴールでは最高の五輪ギャグを」

[ 2012年3月27日 06:00 ]

カンボジア代表として五輪に出場することになった猫ひろしは、「めでタイ」とばかりにタイをくわえ喜びを表現

 ロンドン五輪の男子マラソンにカンボジア代表として出場することが決まったタレントの猫ひろし(本名・滝崎邦明、34)が26日、都内で喜びの会見を行った。24日にマネジャーを通じて代表内定の知らせを聞いたという猫は、五輪後も日本国籍を再取得する考えがないことや、メダルを獲得しても芸人を続けていく“不退転の決意”を披露。2時間30分26秒の自己ベスト更新を最低限の目標として掲げた。

 赤いネクタイに白いシャツ。日本代表に決まった際の藤原新(30=東京陸協)を意識したような姿で約100人の報道陣の前に姿を現した猫は、緊張した面持ちで喜びを口にした。「本日、カンボジアの新聞でも発表されました。代表に選んでいただいたことに凄く感謝したい。世界一練習する覚悟、それがカンボジアや協力してくれた人への“猫の恩返し”だと思います」

 24日に都内の自宅でマネジャーから連絡を受けた。「信じられなくて、最初はドッキリかと思って、カメラを探してしまった」と振り返る。折り返しの電話をかけて確認すると、「国際結婚」の妻と娘に報告。その後は芸人仲間からも祝福のメールが続々と届いているという。

 今後の強化プランは未定だが、来月中旬にはカンボジア・オリンピック委員会の五輪代表会見に出席。カンボジアに訪れる際は小学校にノートやえんぴつを届ける援助も続けており、創設に携わったプノンペン・ハーフマラソンも今年6月17日に実施予定。「今後も“足短いおじさん”として何かできれば」とも話し、五輪後もカンボジア国籍のまま、ビザを取得し日本で仕事を続ける考えを明らかにした。

 五輪代表に決まっても「今も五輪後も、自分は芸人。金メダルを獲っても金メダル芸人」と言い切った。「国籍変更しての五輪出場は賛否両論あると思う。いろんな意見があっていい」とぶれない気持ちも口にする。五輪の目標を「最低でも自己ベストの更新」と掲げた34歳は「カンボジア代表なので本番はサービスは控えめ。(ギャグは)スタートで“ニャー”と、ゴールで。ゴールでは最高の五輪ギャグを披露したい」と不屈の芸人魂をアピールすることは忘れなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年3月27日のニュース