緒方かな子 自画像で「白日会展」入選…広島コーチの夫も祝福

[ 2012年3月23日 11:06 ]

自らをモデルにして入選した緒方かな子の「余暇の楽しみ」

 タレント緒方かな子(39)=旧姓中條=の油絵「余暇の楽しみ」が「第88回白日会展」に入選し、初日の22日、東京国立新美術館(港区六本木)で披露された。

 自らをモデルとして椅子に腰掛け、ゆったり読書をしている構図で「読書やちょっとした休憩のプチ幸せといった感じを表現した」。100号で、昨夏から3月までかけて完成させた。

 夫でプロ野球広島の守備走塁コーチ緒方孝市氏(43)は「好きなことをして美術館に飾ってもらい良かった」と話しているという。4月2日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2012年3月23日のニュース