白川ゆう子、改名再デビュー!名付け親はみのもんた

[ 2012年3月22日 06:00 ]

みのもんた(左)から激励された白川ゆう子

 歌手の白川ゆう子(58)が21日、都内で改名再デビュー曲「置き手紙」発表会を行い、名付け親のタレントみのもんた(67)も会場に駆けつけた。

 84年に田代ゆう子としてデビューし、86年に須賀ゆう子に改名。昨年、歌唱力にほれこんだみのが“応援団長”を買って出て、名付け親にもなった。みのは「詞とメロディーを聴いてこの名前しかないと思った」と太鼓判を押した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年3月22日のニュース