マッチらジャニーズ震災支援の募金 17万3千人が来場!

[ 2012年3月11日 20:10 ]

 歌手の近藤真彦(47)や「V6」などジャニーズ事務所の所属タレント約180人が11日、東京都文京区の東京ドームで、東日本大震災の被災者を支援するための募金活動を行った。

 同事務所が設立した復興支援団体「マーチングJ」の活動の一環。若い女性を中心に約17万3千人(主催者発表)のファンらが来場した。

 10日までに集まった募金やイベント収益金などは計約8億2700万円。同団体は当初、募金の一部を中国から仙台市へのジャイアントパンダ貸与に関わる費用に充てるとしていたが、11日の募金と合わせて全額を、岩手、宮城、福島の3県の被災した子どもを支援する基金に寄付することにした。

 近藤はあいさつで「あれから1年がたちました。皆さんの気持ちは僕たちが責任を持って被災地に届けます」と述べた。

 募金活動は、昨年4月1日にスタート。コンサート会場などに募金箱を設置してファンに協力を求めてきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2012年3月11日のニュース