中村雀右衛門さん告別式 藤十郎「底力の源を聞きたかった」

[ 2012年3月1日 06:00 ]

祭壇に飾られた中村雀右衛門さんの遺影

 肺炎のため23日に91歳で亡くなった歌舞伎俳優で人間国宝の中村雀右衛門さんの葬儀・告別式が29日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。

 松本幸四郎(69)、中村吉右衛門(67)、中村勘三郎(56)ら約500人が参列。坂田藤十郎(80)が弔辞で「20代前後でこの世界では最も勉強をしなければならない時期に戦争で出兵。そして、終戦後に“女形”をつくり上げていった。その一生懸命に努力する底力の源を聞きたかったが、ついに聞くことができなかった。もっと、もっと生きてほしかった」と述べた。羽を広げて旅立つ“雀”をイメージした祭壇は、白を基調とした花5000本で飾られた。戒名は「清涯院殿梨堂端麗居士(せいがいいんでんりどうたんれいこじ)」。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年3月1日のニュース