速水けんたろう被告 執行猶予3年「自分ですべきことをしていきたい」

[ 2012年2月23日 07:12 ]

 昨年7月、埼玉県川越市で女性を乗用車ではね死亡させたとして、自動車運転過失致死罪に問われた歌手速水けんたろう(本名・谷本敦雄)被告(50)に、さいたま地裁川越支部は22日、禁錮2年、執行猶予3年の判決を言い渡した。

 公判では弁護側が新たな証拠を提出したため、検察側が求刑を禁錮2年6月から禁錮2年に変更した。判決理由で加登屋健治裁判官は「遺族に謝罪の念を示し、芸能活動を控えるなどして謹慎の態度をとっている」と執行猶予の理由を述べた。

 速水被告はNHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」で歌のお兄さんとして活躍し、大ヒット曲「だんご3兄弟」で有名になった。判決後、速水被告は「遺族の方に申し訳ない。執行猶予中は自分ですべきことをしていきたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年2月23日のニュース