NMB島田玲奈 謹慎明けに突然のキャプテン指名「頭真っ白に」

[ 2012年1月17日 11:26 ]

NMB48の2期生キャプテンに就任した島田玲奈

 NMB48の2期生キャプテンに就任した島田玲奈(18)がインタビューに応じ「メンバー一人一人と大事に向き合い、みんなが全力を出し切れる場所にしたい」と意気込みを語った。

 就任は今月3日、大阪・難波のNMB48劇場での特別公演で発表された。突然の指名に島田は「頭が真っ白になった。なんで私なんやろって悩みました」と振り返る。

 昨年8月、男性と一緒に写っている写真がネットに流出。撮影時期はグループ加入前だったが、自ら願い出て同9月から謹慎していた。

 元日公演で復帰したばかりだっただけに「きっと他のメンバーも“おめでとう”って気持ちだけじゃないと思う」と複雑な心境を吐露しながらも「選んでいただいた意味をよく考えて、とにかく、やるしかないです」と前を向く。キャプテン指名の理由は明らかにされていないが、周囲に気配りができ、メンバーからも頻繁に相談を受けるなど信頼されていることが評価されたとみられる。

 謹慎中は自宅で連日、2、3時間ほどダンスの特訓。近所の公園を頻繁に訪れ、歌唱練習で声をからした。その間、携帯電話に届いたメンバーからの激励メールは全件保存。チームNのキャプテン・山本彩(18)からは「何でも相談してね」と言われたという。

 身長1メートル52。2期生で最も小柄なことから年下のメンバーにもイジられるキャラだが「身近な存在というか、自分なりのやり方でチームをまとめていけたら」と意欲を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年1月17日のニュース