「さしこのくせに」を見て“指名” 奇才脚本家「一緒に仕事をしてみたい」

[ 2011年12月27日 06:55 ]

日本テレビの深夜ドラマ「ミューズの鏡」で連続ドラマ初主演を務めるAKB48の指原莉乃

 AKB48の指原莉乃(19)が連続ドラマに初主演する。日本テレビの深夜ドラマ「ミューズの鏡」(土曜深夜25・55、来年1月14日スタート)。普通の女の子が大女優に成り上がるシンデレラストーリーだ。

 脚本・演出は「33分探偵」などを手掛けた奇才・福田雄一氏。福田氏自身が9月に放送終了した指原の冠番組「さしこのくせに」(TBS)を見て、「一緒に仕事をしてみたい」と思っていたという。

 ドラマに笑いのエッセンスを加えることが十八番だけに、どう演出するのか楽しみだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年12月27日のニュース