松嶋菜々子 11年ぶりの視聴率女王に期待「この方以外考えられない」

[ 2011年12月12日 06:27 ]

「家政婦のミタ」(右)に続き、今度は探偵社の女ボス役を演じる松嶋菜々子

 日本テレビ「家政婦のミタ」(水曜後10・00)が人気の女優松嶋菜々子(38)の次回作は、フジテレビ「ラッキーセブン」(来年1月16日スタート、月曜後9・00)に決まった。

 松嶋にとって、フジ月9ドラマは2000年10月期「やまとなでしこ」以来、約11年ぶり。重岡由美子プロデューサーは「個性あふれる面々をまとめ上げる圧倒的存在感、そして美しさを持つのはこの方以外は考えられませんでした」と話している。

 「家政婦のミタ」は11月30日放送の第8話が今年のドラマで最高の視聴率29・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。00年の「やまとなでしこ」では最高視聴率34・2%を記録しており、フジテレビ関係者の間では視聴率女王の出演に期待が膨らんでいる。

 今月下旬に撮影を開始予定で、松嶋は「初めての挑戦となるアクションエンターテインメント作品、役どころ、そして、個性豊かなキャストの皆さんとの共演、今から撮影に入るのをとても楽しみにしております」と張り切っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年12月12日のニュース