「上からマリコ」もミリオン確実 4作連続発売週で達成

[ 2011年12月8日 06:00 ]

上から目線で笑顔を見せる篠田麻里子

 AKB48の通算24作目のシングル「上からマリコ」が6日付オリコンデイリーチャートで初登場1位を獲得したことが7日、発表された。レコード店にCDが並んだ6日だけで95万9280枚を売り上げた。「Everyday、カチューシャ」から史上初めて3作続けて発売週でミリオンを達成しており、今作でこの記録を更新することが確実になった。

 「上からマリコ」は、9月に日本武道館で行われた「第2回じゃんけん大会」を勝ち抜いた選抜メンバー16人が歌唱。前々作「フライングゲット」、前作「風は吹いている」と2作続けて達成していた初日ミリオンこそならなかったが、21作目の「Everyday、カチューシャ」から4作続けての初週100万枚突破は時間の問題となった。

 9月のじゃんけん大会に勝利した篠田麻里子(25)が初めてセンターを務める今作。メンバー最年長で長身の篠田を前面に押し出しており、AKB48のシングルで初めて個人の名前を入れられた。篠田も初のセンターに「新しい風を吹かせたい」とかねて気合を前面に押し出しており、CDジャケットのタイトルをリボンにするアイデアを提案するなど積極的に作品に携わっている。また、忘年会シーズンとも重なっているため「上から○○○」と会社の年上女性の名前に替えて歌える忘年会ソングとしても幅広い世代にヒットが期待される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年12月8日のニュース