「スター誕生」辛口審査員 松田トシさん死去

[ 2011年12月8日 06:00 ]

96歳で亡くなった死去した松田トシさん(98年撮影)

 NHKの子供向けラジオ番組で「うたのおばさん」として知られた声楽家で歌手の松田トシ(まつだ・とし)さんが7日午前4時18分、老衰のため東京都世田谷区の高齢者施設で死去した。96歳。横浜市出身。葬儀・告別式は11日午前11時から、東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所=(電)03(3401)3653=で。喪主は友人で後見人も務めた観世元康(かんぜ・もとやす)さん。

 東京音楽学校(現東京芸大)声楽科を卒業。歌手としてデビュー。1947年に日本語訳で歌ったインドネシアの名曲「ブンガワン・ソロ」がヒット。54年にはNHK紅白歌合戦にも出場した。

 49年から15年間続いたラジオ番組「うたのおばさん」では優しい語り口調と美しい歌声で親しまれた。81年から約10年間務めた人気テレビ番組「スター誕生!」審査員では「やめた方がいいわよ」「顔だけ美人はミス何とかに出てなさい」などの辛口評でも知られた。

 主宰した音楽教室では“一番弟子”と呼ばれた岩崎宏美(53)と良美(50)の姉妹、新沼謙治(55)ら、多くの歌手を育てた。後年は松田敏江の芸名で活動した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年12月8日のニュース