水森かおり AKB岩佐に「お姉さんというよりお母さん」

[ 2011年12月8日 06:00 ]

 9年連続で大みそかのNHK紅白歌合戦出場を決めた演歌歌手の水森かおり(38)が7日、東京・西麻布の長谷寺で所属レコード会社徳間ジャパンの元社長で恩師の故徳間康快さん(享年78)の墓前へ報告した。

 「本番では来年に向けていい風を吹かせたい」と今年の“ご当地ソング”「庄内平野 風の中」にちなんで決意表明。また、来年2月1日に演歌歌手としてソロデビューするAKB48の岩佐美咲(16)が所属事務所の後輩にあたり「私がデビューした95年に生まれた。お姉さんというよりお母さんのような気分です」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年12月8日のニュース