GACKT舞台は殺陣も見どころ「優雅で切なく見る人が涙する」

[ 2011年12月5日 18:27 ]

舞台「MOON SAGA~義経秘伝~」の制作発表に登場した(左から)早乙女太一、GACKT、大和悠河

 舞台「MOON SAGA~義経秘伝~」(来年7月15~29日、東京・赤坂ACTシアター)の制作発表が東京都内で行われ、出演するGACKT、大和悠河らが出席した。

 GACKT演じる源義経は人間ではなく、特殊能力を持っていたという設定の時代劇ファンタジーで、女性4人の漫画創作集団「CLAMP」が原作を担当。関連作品の漫画化が決まっているほか、アニメやゲームなど多メディアでの展開も計画されている。

 殺陣も見どころの一つで、GACKTは「激しい立ち回りと、優雅で切なく見る人が涙するような立ち回りを届けられると思います」と自信満々。宝塚歌劇団出身でヒロインを演じる大和は「男役時代に培ったものを、またここで使えるんだなと、うれしいです」。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年12月5日のニュース