×

LUNA SEA 派手演出控え…復興願い熱唱

[ 2011年10月23日 06:00 ]

ライヴの途中で被災者のために黙とうをささげる「LUNA SEA」ボーカルのRYUICHI

 ロックバンド「LUNA SEA」が22日、さいたまスーパーアリーナで東日本大震災の復興支援公演を行った。

 「被災地へ歌声を届けることを重視しよう」との意向から、ふだんの派手な演出は控え、20曲を熱唱。チャリティー曲「PROMISE」の演奏前には、メンバー5人とファン約2万4000人が1分間の黙とう。ボーカルのRYUICHI(41)は「80年代後半から支えてくれたファンが震災で傷ついた。俺らがもらったたくさんの夢を少しずつですが返したい」と力強く語った。公演の収益全額を日本赤十字社を通じて寄付する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2011年10月23日のニュース