海老蔵 あらためて“騒動”謝罪「新たな気持ちで」

[ 2011年9月27日 06:00 ]

映画「一命」舞台あいさつで頭を下げる市川海老蔵

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(33)が26日、都内で行われた映画「一命」(監督三池崇史、10月15日公開)の完成披露試写会に出席した。

 昨年11月に飲食店で殴られるなどした騒動についてあらためて謝罪。昨年12月28日の謝罪会見以来、公の場でコメントし「ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。多くのご叱咤(しった)とご声援をいただき感謝しております。新たな気持ちで精進していく覚悟です」と頭を下げると、場内から「成田屋~」などの声が上がった。

 映画は海老蔵と瑛太(28)がW主演の時代劇。タイトルにかけて「命を懸けて守るもの」を問われ「家族と歌舞伎」と即答した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年9月27日のニュース