前田敦子 母のメッセージに涙「分かってるよ」

[ 2011年9月27日 06:00 ]

丸美屋「家族のお茶漬け」シリーズの新CMに出演する前田敦子

 AKB48の前田敦子(20)が10月初旬から放送される丸美屋「家族のお茶漬け」シリーズの新CMに出演する。役どころは一人暮らしの女子大生。「もしAKBでアイドルでなかったら…」と考えて演じたといい、等身大の前田が見られる。

 携帯電話の留守電メッセージを聞きながら、疲れた様子で帰宅。声の主は遠く離れて暮らす実家の母親。玄関には母親からの宅配便が置いてあり、箱の中にはたくさんの「家族のお茶漬け」が入っている。それを見てほほ笑み、早速ごはんの上にあけ、お湯を注いで食べ始める。母親のメッセージに「分かってるよ」とつぶやくものの、目からは涙があふれてくる。普段は見られない、母親の愛情に満たされた表情を見せている。

 前田は「お母さんのことを思い浮かべて演じました。大切で、憧れで、友達のような存在です。普段遊びに行く時もお母さんと一緒が多い」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年9月27日のニュース