りょう 連ドラ初主演「女性にはスカッとして」

[ 2011年8月8日 06:00 ]

NHKドラマ「ビターシュガー」に出演する、りょう

 NHKが10月から火曜午後11時台に30分間のドラマ枠「よる★ドラ」を新設する。第1弾は女優のりょう(38)主演の「ビターシュガー」(10月18日スタート、火曜後10・55)。りょうは96年のフジテレビ「ロングバケーション」で女優デビュー後、16年目で連続ドラマ初主演。「全力で挑みたい」と張り切っている。

 NHKの火曜夜は、鈴木京香(43)主演で話題になった「セカンドバージン」を昨年放送した「ドラマ10」(後10・00)に続き、「よる★ドラ」のドラマ2番組の編成となる。同局は「50代女性の視聴者を拡大したドラマ10に続き、30~40代女性の獲得を目指す」としている。

 「ビター…」はりょうと和久井映見(40)、鈴木砂羽(38)演じる友人関係にある39歳アラフォー女性3人が本音トークをさく裂させる。作家・大島真寿美氏の同題小説と「虹色天気雨」が原作。りょうは独身のフリーライターで、何かあった時には無心でスープを煮込む女心をのぞかせる役どころ。「男性には女性の本音を知ってもらい、女性にはスカッとしてほしい。絶対に面白くなると思っています」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年8月8日のニュース