堺正章 65歳の誕生日に22歳下の一般女性と結婚

[ 2011年8月7日 10:00 ]

22歳年下の女性との再々婚が明らかになった堺正章

 俳優、歌手、司会などマルチに活躍するタレントの堺正章が、65歳の誕生日を迎えた6日、結婚した。以前から交際していた22歳下の一般女性と婚姻届を提出。03年3月に交際が明らかになり、大人の愛をはぐくんできた。堺の結婚は3度目。1965年のデビュー以来、50年近くにわたって芸能界のトップをひた走る当代きってのエンターテイナーが還暦を過ぎて迎えた春をおう歌する。

 堺は誕生日の節目に、東京都内の区役所に婚姻届を提出した。

 来月14日には「クレイジーケンバンド」との共演シングル「そんなこと言わないで」が発売予定。中年男性の恋のアバンチュールがテーマで、恋愛をあきらめないオジサンたちへの応援ソングという位置づけ。実生活でも愛を成就させ、恋に臆病になりがちなオジサン世代にエールを送る格好となった。

 相手の女性とは、03年3月にインドネシアのバリ島でバカンスを過ごす様子が女性誌に報じられた。親しい知人によると02年ごろに出会い、8年以上にわたって大人の愛をはぐくんできたという。

 この間、仕事では08年春にフジテレビの連続ドラマ「無理な恋愛」に主演し、その主題歌として15年ぶりのシングル「忘れ物」が発売。司会者としても「チューボーですよ!」(TBS)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)を長寿番組に導いた。公私にわたって充実し、ゴールインは秒読みと噂されたこともあった。

 そんな中、大切にしていたのが前妻との間にもうけた娘2人の存在。10代の繊細な時期だったため、娘たちの気持ちを最優先にしてきた。以前に子役として活躍した長女の菊乃(20)は成人し、今年春の舞台で約10年ぶりに女優復帰。次女も高校生になった。知人は「2人とも父親の幸せを祝福しているようです」と話す。「無理な恋愛」では、夏川結衣が演じた35歳の女性に恋する60歳の設定に「25歳差というのは相手に対しての責任が必要」と語っており、男としてのけじめと愛娘の成長が結婚を後押ししたようだ。

 今月中に、「そんなこと言わないで」の発売イベントで公の場に登場予定。「星三つ!」分の幸せオーラ漂うマチャアキの口から、どんなコメントが飛び出すか、注目される。

 ◆堺 正章(さかい・まさあき)1946年(昭21)8月6日、東京都生まれ。62年、鎌倉学園高在学中、ザ・スパイダースに加入。65年、「フリフリ」でデビュー。71年の解散後、ソロに。同年「さらば恋人」で日本レコード大賞大衆賞受賞。最初の結婚は74年で80年に離婚。89年に再婚し、01年に離婚した。血液型A。父は喜劇役者の故堺駿二さん。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年8月7日のニュース