徳光さん マラソン完走のカギは「巨人の勝利」

[ 2011年7月3日 18:00 ]

今年24時間マラソンに挑戦する徳光和夫氏(右)と一昨年のランナー・イモトアヤコ

 日本テレビ系の24時間テレビ34「愛は地球を救う」制作発表が3日、都内で行われ、チャリティマラソンに挑戦するフリーアナウンサーの徳光和夫氏(70)らが登場した。

 80年の第3回から昨年まで24時間テレビの総合司会を務めランナーを迎える立場だったが、今回は一転迎えられる側になり「今まではとにかくがんばれがんばれって言ってきたんですが、がんばれ以外に言う言葉はないかなと見つけてみたいと思います」。ここまでの調整は順調に進んでいるようだが、「走ることは大変です。な?」と隣にいた一昨年のランナー・イモトアヤコ(25)に同意を求めていた。

 今回の24時間テレビのテーマ「力」にちなみ、力の源を問われると「孫娘の電話ですかね、あとは巨人の勝利。きょうはご機嫌ですよ」と長野久義外野手の決勝本塁打で接戦を制したことにご満悦。マラソンを無事走りぬくためにも「ぜひ1つ(24時間テレビ前には巨人が勝つよう)他球団にはいろいろ言っておいてください」と冗談まじりに要請した。24時間はテレビは8月20日午後6時半から21日午後8時54分まで放送される予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年7月3日のニュース