「氣志團」綾小路 父は全国高校サッカー準V選手

[ 2011年7月3日 06:00 ]

<仙台・名古屋>ハーフタイムショーでサポーターを盛り上げる氣志團のメンバー

 ロックバンド「氣志團」がJ1仙台―名古屋戦のハーフタイムにミニライブを行った。

 仙台サポーターが氣志團の「スウィンギン・ニッポン」を応援歌として使用してきたことがきっかけで実現したもので、カバー曲の「スタンディング・センダイ」をサポーターとともに熱唱。両親が岩手県遠野市出身で、父親が遠野高で全国高校サッカー選手権で準優勝経験があることを明かした綾小路翔は「無我夢中でした。芝生の上で歌うという経験がなく気持ちよかった。ぜひ、優勝の際には駆けつけたい」と感想を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年7月3日のニュース