嵐・相葉が映画ナレーション 屋久島の親子ザルに密着

[ 2011年6月29日 09:30 ]

 日本列島を舞台に、動物たちの姿を追った自然ドキュメンタリー映画が初めて製作される。

 「日本列島 いきものたちの物語」で、動物好きで知られる「嵐」の相葉雅紀(28)がナレーションを担当。5月下旬には世界遺産の鹿児島・屋久島でニホンザルの親子に密着している現場を見学し「リアルな日本列島の自然や、生き物たちを映し出している映画。皆さんが“一緒に勉強したい!”と思えるよう、しっかりとナビゲーターを務めたい」と思いを新たにしている。

 09年7月に始まった撮影は現在も続いており今秋完成予定。20人以上のカメラマンが参加し、撮影場所は全国20都道府県、約30カ所に上るという。自然番組を多数手掛けてきたNHKの出田恵三エグゼクティブ・プロデューサー(45)が監督を務める。来年初春公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年6月29日のニュース