AKB総選挙でダフ屋逮捕 定価の7倍で転売容疑

[ 2011年6月17日 18:01 ]

 アイドルグループ「AKB48」の新曲を歌うメンバーをファン投票で決める「選抜総選挙」イベントの入場券を転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は17日までに、東京都迷惑防止条例違反(常習ダフ屋行為)の疑いで、東京都調布市、無職伊藤例門容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑はイベント当日の9日午後5時25分ごろ、会場の日本武道館(東京都千代田区)近くの路上で、転売目的で入手した入場券(定価3千円)を都内の男子高校生(16)に2万3千円で販売した疑い。

 同隊によると、伊藤容疑者は「会場に行ったがチケットは売っていない」と否認している。

 入場券は電話やインターネットで予約する方式で、予約開始後すぐに売り切れた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年6月17日のニュース