AKB新CMセンターCG論争 グリコ「苦しいんです」

[ 2011年6月16日 06:00 ]

 新CMでAKB48のセンターに登場した研究生、江口愛実(16)がメンバーのパーツを組み合わせたCG合成だとみられていることについて15日、CMスポンサーの江崎グリコに問い合わせが殺到した。

 江口は13日に発売された週刊プレイボーイ(集英社)の表紙に登場。20日から全国で放送される「アイスの実」のCMでは、総選挙で1位となった前田を抑えてセンターを飾っている。

 江口愛実という名前が商品名を連想させ、誕生日の2月11日が江崎グリコの創立記念日、グリコのマークをほうふつさせる陸上部所属など、出来過ぎたプロフィルも「さすがにここまでピッタリな子はいない」とファンの間で話題に。美しいルックスはメンバーたちのパーツを合成したとみられている。

 江崎グリコ広報IR部では「問い合わせは通常のCMより明らかに多いです。普通はあまり(電話などが)来ないので…」と殺到する問い合わせに困惑している様子。ただ「その内容についてはすべてを把握していないのでお話しできません」と説明。

 江口の実体についてはもともとCMが始まる20日に公表予定だったため、現在の騒動の流れは想定外だった様子で「言えないことが多くて。ちょっと苦しいんですが…」と思わず“本音”もこぼれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年6月16日のニュース