目指せ鳥取進出?14代目リハウスガールは空手黒帯の美少女

[ 2011年5月19日 15:06 ]

「第14代目リハウスガール」お披露目記者発表会で得意の空手のポーズをとる山本舞香

 宮沢りえ(38)、蒼井優(25)、川口春奈(16)などを輩出した三井不動産販売の「三井のリハウス」の新テレビCM発表会が19日に都内で行われ、CMに出演する14代目リハウスガールに就任した鳥取県出身の中学2年生、山本舞香(13)がお披露目された。

 昨夏の鳥取美少女図鑑出演をきっかけに現事務所にスカウトされたという山本。現在も鳥取県在住で、月数回程度のペースで上京し、仕事をこなしている。初のテレビCM出演となる山本は「初めて受けたオーディションがリハウスガールでした。(選ばれて)すごくびっくりで、うれしかったです。不安もあったけど、撮影も楽しみで、ワクワク感もありましたけど、現場では皆さん面白くて」と笑顔で話した。

 とはいえ、「三井のリハウス」のCMは鳥取県では放送されておらず、山本自身も今回のCMが決まるまでその存在も知らなかったという。「鳥取県の人にも知ってもらえるようにがんばります」とやる気も十分だ。

 大きい瞳と透明感が印象的な山本は、元気いっぱいのスポーツウーマン。航空自衛隊に所属する20歳の兄の影響で、小学1年生から始めた空手では黒帯、全国大会にも出場した経験もあるほど。中学ではソフトボール部に所属し、ピッチャーをしているという。

 将来は「名前を聞いて、私の顔がすぐ想像できるような素晴らしい女優さんやモデルさんになりたい。栗山千明さんに憧れています」。CMはサウンドロゴの歌にも挑戦しているが、歌については「声が低いので歌うのが苦手なんです。でも、できるならダンスはしてみたい」。

 CMは20日からCS、25日から地上波でオンエア。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年5月19日のニュース