ローハン被告、一転して万引き認める…収監へ

[ 2011年5月13日 06:00 ]

 ネックレスを万引したとして窃盗罪で訴追された米女優のリンジー・ローハン被告(24)の弁護人が11日、これまでの無罪主張から一転して訴追事実を認める手続きを取り、米ロサンゼルス郡地裁は同日、禁錮4月と480時間の社会奉仕活動を命じる判決を言い渡した。ロイター通信などが伝えた。

 被告は6月中旬までに出頭して刑務所に収監される。ただ、カリフォルニア州の刑務所は慢性的な定員超過状態にあることなどから、禁錮刑の期間の大半は自宅軟禁に置き換えられ、被告が刑務所に収監される期間は10数日間になる見込み。

 共同電によると、被告は1月、ロサンゼルス近郊の貴金属店から2500ドル(約20万円)相当のネックレスを首に着けたまま帰宅した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年5月13日のニュース