元キャンディーズの田中好子さん死去

[ 2011年4月21日 22:45 ]

亡くなった田中好子さん

 人気アイドルグループだったキャンディーズの元メンバーで、女優の田中好子(本名小達好子=おだて・よしこ)さんが21日午後、乳がんのため東京都港区の病院で死去した。55歳だった。葬儀・告別式は25日に行う。時間と場所は未定。

 田中さんは1956年4月8日、東京都生まれ。伊藤蘭(56)、藤村美樹(55)と「キャンディーズ」で73年歌手デビュー。「スーちゃん」の愛称で親しまれた。「春一番」「微笑がえし」「暑中お見舞い申し上げます」などのヒット曲で人気グループとなったが、「普通の女の子に戻りたい」と78年に解散した。

 田中さんは一度は引退したが復帰。89年に主演した映画「黒い雨」(今村昌平監督)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など、各賞を受賞した。その他の出演作に映画「ひめゆりの塔」「明日への遺言」、テレビドラマ「家なき子」「ちゅらさん」など。子どもたちの成長を温かく見守る母親役を好演するなど、ドラマでも存在感を示した。

 91年に故夏目雅子さんの実兄、小達一雄さんと結婚した。

 今年4月の55歳の誕生日には、公認HPの掲示板に「毎年毎年あたたかいメッセージをたくさんありがとうございます。皆さんの言葉からたくさん元気をもらっています。皆さんも健康に気をつけて頑張ってください」とメッセージを送っていた。

 キャンディーズの主なヒット曲は次の通り。

 1973年「あなたに夢中」
 75「年下の男の子」
 75「その気にさせないで」
 75「ハートのエースが出てこない」
 76「春一番」
 76「哀愁のシンフォニー」
 77「やさしい悪魔」
 77「暑中お見舞い申し上げます」
 77「アン・ドゥ・トロワ」
 77「わな」
 78「微笑がえし」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年4月21日のニュース