サンモニ抜てきの佐藤アナ 特技は裁縫と料理、家庭科の教員免許も

[ 2011年3月5日 09:16 ]

4月から「サンデーモーニング」に抜擢されるTBS入社1年目の佐藤渚アナウンサー
Photo By スポニチ

 関口宏(67)がキャスターを務めるTBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)で、4月からサブキャスターの大役に抜てきされた佐藤渚アナ(23)。1999年3月に同局の長岡杏子アナ(39)が番組を卒業して以来12年ぶりに、同局アナがサブキャスターを担当することになった。

 佐藤アナは同番組の誕生と同じ1987年生まれ。宮城県仙台市出身で、宮城学院女子大学卒業後の2010年4月にTBSに入社した。同期は元プロテニス選手の松岡修造(43)の下でテニスを学び、イタリアを拠点にプレーした慶大卒の石井大裕(ともひろ)アナ(25)とお茶の水女子大大学院卒で日米ハーフの小林悠(はるか)アナ(25)。社会人になって初めて1人暮らしを始めたという佐藤アナの特技は裁縫と料理で、家庭科の教員免許を持っている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年3月5日のニュース