【スポニチプラザ便り】チャリティー講談会開催

[ 2011年2月28日 06:00 ]

チャリティー募金箱を前に記念撮影する藤原スポニチ大阪本社代表、旭堂小二三、旭堂南陽、太平洋(左から)

 講談師の太平洋(37)、旭堂小二三(35)、旭堂南陽(34)が27日、スポニチプラザ大阪で「頑張ろう!都城チャリティー講談会」を開催。3人は島津家発祥の地、都城を舞台にした講談や彫刻師・左甚五郎の人情旅話を披露した。

 「新燃岳の火山灰に苦しむ人々に勇気と元気をお届けしたい。子供たちにも千羽鶴を贈りたいと思います。ご協力をお願いします」と太平洋は、来場者に呼びかけた。

 南陽ら3人は昨年4月、宮崎県・都城市特派大使に就任。口蹄(こうてい)疫問題が起こった時もチャリティー活動を行った。

 入場料の全額と「チャリティー物産展」の売り上げの一部は、都城市に寄付される。小二三らは、28日と3月1日に西宮市の南甲子園公民館(甲子園九番町15の40)など4公民館でチャリティー講談会(入場無料、募金箱設置)を開催する。問い合わせは「講談DO IT!」電話0798(49)6004まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年2月28日のニュース